汐入メンタルクリニック

横須賀市の神経科,精神科,心療内科,カウンセリングルーム、精神科デイナイトケア

〒238-0042 神奈川県横須賀市汐入町2-7-1 山下ビル2・3F
TEL 046-823-3001
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

デイケアプログラムについて

精神科デイケアでは、様々なリハビリテーションプログラムを行っています。

これらのプログラムは、あなたが生活上で困難に感じることや困っていることを軽くしたり、
取り除いたり、予防したりすることができます。

また、プログラムへの参加活動を通して、
同じ悩みや困難を抱えている人たちとのつながりができます。

季節ごとに多少内容の変動はありますが、ここでは主なものを紹介いたします。

 

2017年度のデイケア年間予定はこちら

 

デイケア月間予定はこちら

2017年10月の月間予定
 

季節の手工芸 ・ 手工芸

季節に応じた手工芸と、通年で実施している手工芸があります。

詳細については、こちらをご覧下さい。

季節の手工芸で主なもの

トールペイント ・ ロストワックス(銀細工) ・ リース作り
ガラスペイント ・ UVレジン(硬化するプラスティックでキーホルダー作り)
オーブン粘土 ・ てん刻(ハンコ作り) ・ グラスアート
ステンシル ・ 革工芸 ・ デコパージュ等の様々な手工芸を行っています。

 

デコパージュ

専用の硬化剤を使って、ペーパーナプキン等を
布やプラスティックに貼り付けることができます。
袋は用意してありますが、持参した小物に貼り付けることもできます。


*1回の参加につき1枚まで布袋(麻等)を無料でお渡しします。



 
 

オーブン粘土


低温焼成で置物などが作成できます。

シーサーはオーブン陶土を使って低温焼成しています。

ドーナツはフィモ粘土を使ってオーブンで低温焼成しています。



 

 

グラスアート

グラスリューターという小さなドリルでグラスの表面を削ります。

ガラスペイント作品です。こちらも作成できます。


 

 

藍染


ストールとTシャツです
 



 

絞り染めです


 

ガラス細工


ガラス棒を溶かして、箸置きを作成します。
ガラス棒を並べて加熱するだけですので、どなたでもご参加できます。
1回につき1人1個までの制作となります。
材料費無料です



 

革工芸

 

革工芸は作業行程が多いのですが、完成すると達成感がありますし、
長く使うことができます。


 

初めての方でもつくることができる簡単な作品もあります。

詳しくは担当者まで。
 

システム手帳を作製しました

 

キーケースの作製です




UVレジン




 

トールペイント

農作業で収穫したヒョウタンにアクリル絵の具でペイントしてみました。

 

ロストワックス(銀細工)

 
*ロストワックスとは、ロウを加工して指輪やペンダントトップをつくります

 鋳造は業者が行いますので、きれいな銀のアクセサリーができます

SV950で発注予定です(銀含有量が95%)



 

切り絵

2015年・2016年の年賀状を切り絵で作成しました


 

箸作り

フォークやバターナイフを制作することも可能です

 

刺し子

 

1針1針仕上げていきます。会話しながら制作することができます。

 

 

クッキング

 

調理作業を通して、人つきあいの苦手な方でも無理なくコミュニケーションがとれます。
作りたいメニューを午前中に参加者で決めて、買い物に行きます。
調理は主に午後から行います

 




 

精神保健福祉士が担当しています

 

就労支援プログラム(毎週月・水曜日開催)

早い段階での就労を目指す事を目的とした、医療型就労支援プログラムです。

IPS(Individual Placement and Support)モデルを基に病状・症状管理を中心とした
プログラムとなります。
月曜午前・水曜午後の週2回の参加となります。

また、スーツを着用してのプログラム参加となりますので、
詳細につきましては下記リンクをご参考にしてください

*申し込み人数が6名に満たない場合は開催しないことがあります

  その際は、個別に担当者よりご連絡いたします
 

精神保健福祉士が担当しています
 

参加申込方法等の詳細はこちらから

*3か月1クールで通年実施をいたします

MCT(Meta Cognitive Training)

MCTとは「やわらかい頭をつくるためのトレーニングです」

こころの不調時特有の「物のとらえ方・見方の癖」について知り、
よりよく過ごすための工夫をパワーポイントを使ったクイズやゲーム感覚で
トレーニングしていくプログラムです。

落ち込みやすい人、いやな考えにとらわれてしまう人、就労を考えている人、
人間関係をスムーズにしたい人、どなたでもご参加ください。

今までに参加した事があるかたも、何度でもご参加ください。

何度もくりかえしトレーニングすることによって身につきます

 

参加のルール

 自分の興味のあるモジュールだけの参加が可能ですが、
遅刻・途中退席はご遠慮ください

 参加者の病気や体験などの個人的な話は取り扱いません

 見学希望があれば受け付けています。遠慮なくどうぞ
 

精神保健福祉士・臨床心理士が担当しています
 

7,8,9月 ・ 1,2,3月に開催します
 

WRAP(Wellness Recovery Action Plan)

 WRAPとは

日本語で、「元気回復行動プラン」 といいます。

アメリカのメアリー・エレン・コープランドさんを中心に、
困難な感情や行動に対処し、元気に生活を楽しむための努力を
積んできた人達によって開発されました。

 

WRAPは、「元気になるため、元気であり続けるために」のプランを
自分自身で作ります。

WRAPファシリテーターの佐々木理恵さんをお招きして開催いたします。
 

2017年7月WRAP日程です。
 

全て火曜日午後(13:30~15:30)開催です *事前申し込みが必要です
 

2017年7月 : 4 ・ 11 ・ 18      *25はお休み

     8月 : 1 ・  8 ・ 22 ・ 29  *15はお休み

     9月 : 5 ・ 12 ・ 19
 

*デイケア室内にて参加募集をおこなっています
 
全10回 毎週火曜日 午後のプログラムとなります
全て参加された方には、修了証をお渡しします

 

こころの病気を学ぶ会

病気との付き合い方・不眠について・うつについて・服について等のテーマで
話し合いを行います。

*当デイケア利用登録者のみの参加となります。
 

臨床心理士が担当しています。
 

2017年2月より開催いたします。

こころのリカバリー講座

 

『こころのリカバリー講座』では、病気や障害、症状について正しい知識を
一緒に学ぶと共に、対処法や利用できる資源について知り、
それを通して安心感や具体的な将来像を描けるようになることを目指します。

 

「こころの病気って言われたけど実際よく分からない」「なんで病気になったんだろう?」


「病気を抱えながらどうやって生活していったらいいの?」等の
疑問や不安のある方、実生活上で悩まされる症状や困難を
どうやって乗り越えられるか、一緒に学び考えましょう。

 

参加資格:生活のしづらさを体験している方
       ミーティング内で知りえた個人情報を守れる方
 

 

臨床心理士が担当しています

 

認知行動療法


認知とは者のとらえ方や考え方という意味です

その認知に働きかけて認知と行動を柔敏にすることにより

問題に対処し、気分の問題、心理的なストレスを軽くしていくプログラムです


 

臨床心理士が担当しています

4,5,6月 ・ 10,11,12月に開催します

アサーションプログラム

自分自身も相手も大切にした自己表現を身につけていくプログラムです

相手との対等な目線で、自分の気持ちを率直に正直に表現することが

アサーションであり、よりよい人間関係をつくる第一歩です。


自分の意見を通すための手段や、
相手を思うとおりにコントロールする技術ではありません
 

臨床心理士が担当します
4,5,6月 ・ 9,10,11月に開催します

健康教室 



薬の飲み方や、慢性疾患への対処方法

適正なボディバランス・食事のとり方・運動習慣等について話します

 

看護師が担当しています

女子会『秘密の花園』


女性限定のプログラムです

お茶を飲みながら、ダイエットのことや、恋愛、結婚のこと、メイクやおしゃれなど、
参加者の興味のあることについておしゃべりします

臨床心理士が担当しています

*不定期で男子会も実施しています。
 

スポーツプログラム


バドミントン・卓球・インディアカ・水泳等を週1回程度開催しています。

詳細につきましては月間予定をご覧ください
 

*体験参加中の方は参加できません
 

*スポーツ参加者は早お昼となり、12:40頃出発しています

 (出発時間は多少前後することがあります)
 

*体調によっては、参加をお断りすることがあります
 

*水泳は午後の枠で、不定期実施しています
 

*卓球は不定期開催でデイケア室内で実施しています


 

太極拳・ゲートボール・ペタンク・ダンスなど季節などに応じて様々な
運動プログラムを実施しています。

激しい運動が出来ない方でも参加できるものもありますので、
お気軽にお問い合わせください。

精神保健福祉士・看護師・臨床心理士が担当しています。

 

生活上手

金銭管理の基本や、よりよい社会生活をするために必要な知識や、
生活全般にわたる最近の話題を取り上げます

精神保健福祉士が担当しています

ぶらり旅


サークル活動として月1回程度活動しています

有名どころではない、いつもは行かない場所に行き、

いつもとは違う発見をしましょう


 

目的地に向かうのが目的ではなくだいたいの目的地までの「間を楽しむ」ことを
目的としています

*鶴見・大船・三浦・京急沿線等を歩きます

*目的地や日程等は話し合いで決めています

農作業

週1回程度、借りている畑地にて農作業を行っています

季節によって大根やジャガイモ、トマト、ブロッコリー等が収穫できます
 

夏の収穫
 

じゃがいもの収穫がはじまりました


 

畑の様子


 

2016年度初めての試み

焼き芋作りと燻製作り
 

 
 

2017年夏野菜の収穫も最盛期です

 

13:15頃 車で畑に向かいます

*夏場は午前中に実施することがあります
 

学習プログラム

単純計算の反復や、漢字の学習

パズル・なぞなぞ等を通して脳の活性化を行います
 

全体ミーティング

月1回の開催です。

デイケア全体のお知らせや、レクリエーションなどの募集を行います

それだけでなく、デイケアには様々な人が集まる場ですので、

思いもよらないことも起こります

 

そうした問題について話し合いを行い、意見交換をすることで、

みなさん自身が納得感のある精神科デイナイトケアとは何かを

一緒に考えていく時間です
 

参加者自身が主体的に参加しながら、

デイケアでの活動を一緒に作り上げていくというプロセスも大切にしています。

 

ナイトケア

夕方からはナイトケアを開催しています。
 

一緒に夕食を食べたり、自由にくつろいだり、
趣味活動や談話して過ごすことができます。
 

*デイケア参加後、必要に応じて利用可能です。

 詳細は個別担当スタッフに確認して下さい。

精神科デイケアの詳しい内容については、Pathbookをご覧下さい。